[`evernote` not found]

サンクコスト効果

10万円でノートパソコンを買ったとします。
ところが、しばらくして調子が悪くなり、修理に出したところ、
ハードディスクの交換が必要で、3万円を支払ったとします。

無事、修理され、暫くの間は快適に動いていましたが、
また、調子が悪くなって来ました。
今度は液晶が交換なので、6万円かかると言われました。

あなたなら修理しますか?

3万+6万=9万円です。 
10万円で買ったものに修理代で9万円ですから、
もう少し払えばまた新品が購入できてしまいますね。

しかし、新しいパソコンを買ったとしたら、
最初の修理代の3万円が無駄になってしまいます。

そうすると、最初に修理を3万円で頼んだ意思決定が無駄になります。

結局、6万円を払って、修理してしまうかもしれません。

しかし、もし、最初から修理総額が9万円とわかっていたら、
最初からパソコンを買い換えたでしょう。
そのほうが合理的です。

この効果のことを、サンクコスト効果と呼びます。
サンク・コスト効果の怖いところは先に投資したコストが大きければ大きいほど、
心理的効果が増幅されてしまうことです。

企業経営とて同じで、失敗した事業をなかなか切れないのも
サンク・コスト効果と言えるますね。

[`evernote` not found]

コメントを残す