[`evernote` not found]

試行回数が少ないのに、「大数の法則」が当てはまると錯誤することです。

コインの裏表を当てるゲームをしているときに、
コインで5回連続で表が出た場合、次は裏が出るに違いないと思うことです。

また、プロ野球の解説者がよく言いますが、
「彼は3割バッターなので、2打席凡退したあとの彼はヒットを打つに違いない!」
というやつです。

ギャンブラーの誤謬とも言いますね。

[`evernote` not found]

コメントを残す