行動経済学

お客さまは論理と感情で動く!

© 行動経済学 All rights reserved.

ピークエンド効果


過去の経験を「ピーク(最良・最悪)」と「エンド(終わり方)」
によって判断しているという理論です。

経験全体の印象では「全ての経験の総和」ではなくて、
「マックス」と「ラスト」が大切なのです。

 旅行の事を例にすれば、「一番良かった(悪かった)こと」と
「旅行の最後がどうだったか」の2つで、その旅の思い出となります。

 人間は、喜びも悲しみも、慣れる生き物です。
 喜びや悲しみがなくなるのではなくて、慣れてしまうのです。

 いろんな辛い出来事を経験していても、
 今がいいからいいのではと多くの人は考えます。

 あの時の苦労を考えれば、今の苦労なんて、何てことないと考え直すことも出来ます。
 「終わりよければ全てよし」という言い方もあります。


hito

201412/13

確実性効果〜100%を求める人間の心理

期待値を計算すればどちらがお得か自明なのに、 その論理的思考に逆らって感覚で選んでしまう・・・ 人は度し難いものだな。 人…

images

20142/22

どうして女性の管理職は少ないの?

行動経済学からみた男女差 大竹文雄・大阪大教授 Wの未来 しなやかに駆ける (日経WEB) http://www.nikkei.c…

debu

20136/22

生活習慣病と行動経済学

肥満患者はドタキャンが多い http://www.cabrain.net/management/article.do?newsId=401…

kousoku

20136/21

作りかけだからといって完成させる必要はないでしょう〜作りかけの高速道はつなぐべきか

作りかけの高速道はつなぐべき?放っておく? 星岳雄スタンフォード大学教授と考える「アベノミクス」その2 http://business.…

スクリーンショット 2013-12-20 10.10.43

20136/19

稼ぐ経済学は”行動経済学”なのか!?

「稼ぐ経済学」を読んで http://dividendsnowball.blogspot.jp/2013/06/blog-post.htm…

ページ上部へ戻る