[`evernote` not found]

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論とは、意思決定理論で、 ・人は、基準値よりプラスの領域では危機回避的になり、  基準値よりマイ

Read more ...

選択回避の法則とは

サービスや商品を提供する側としては、 より多くの選択肢を用意し、 お客様により適合したサービスを提供しようと

Read more ...

フレーミング効果とは

フレーミング理論とは、物事のどの部分を基準とするか、 数字データなどの見せ方を変えることで、 その物事に対する

Read more ...

行動非行動の原則とは

家電量販店に出かけたとき。 つい限定品モデルのパソコンを見つけてしました。 ガンダム好きなあなたは、「シャア専

Read more ...

コンコルドの誤謬とは

イギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機、コンコルド! 2003年に全機が退役した。 トラブルや問題に彩ら

Read more ...

アンカリング効果とは

交渉者が最初の提示条件を準拠点にして、相手に「フレーミング(枠付け)」を与える行為です。 例えば、値引き交渉を

Read more ...

ピークエンド効果とは

過去の経験を「ピーク(最良・最悪)」と「エンド(終わり方)」 によって判断しているという理論です。 経験全体の

Read more ...

サンクコスト効果とは

サンクコスト効果 10万円でノートパソコンを買ったとします。 ところが、しばらくして調子が悪くなり、修理に出し

Read more ...

ヒューリスティックとは

ヒューリスティックとは 簡便法、発見法、近道などと言われます。 人が意思決定をする際に、  厳密に論理を組み立

Read more ...

選好逆転の法則とは

選好の逆転 Preference reversal 標準的な経済学では、人の嗜好や好みは一定で変化しないものと

Read more ...

保有効果とは

保有効果とは、自分が所有するものに高い価値を感じ、 手放すことに抵抗を感じさせる効果のことです。 人は保守的な

Read more ...

心理会計の法則とは

「本来は同じ価値のお金だとしても、①使用目的や ②入手方法によって、異なる評価を下していること」が、  心理会

Read more ...

囚人のジレンマとは

囚人のジレンマとは 個々にとって最適な選択が全体の最適な選択にはならないという、数学や経済学のゲーム理論におけ

Read more ...

少数の法則とは

試行回数が少ないのに、「大数の法則」が当てはまると錯誤することです。 コインの裏表を当てるゲームをしているとき

Read more ...

行動経済学の理論

[`evernote` not found]

コメントを残す