行動経済学

お客さまは論理と感情で動く!

© 行動経済学 All rights reserved.

行動経済学


行動経済学って何でしょうか?
大学時代は、教養としては経済学を学びましたよね。
もちろん、すっかり忘れていますが。

行動経済学は、普通の経済学と違うのでしょうか?

経済学は、
「この世において有限な資源から、
 いかに価値を生産し分配していくかを研究する学問のことである。
 総じて社会全般の経済活動が研究の対象である。」
 とwikiには記載されています。

どちらかと言えば学問っぽくて、実世界では通用しない理論もあったりします。
そのため、「勉強しても役に立たないよ」ということを言われる方もいますが
決してそうではありません。
ものごとには、やはりベースの考え方があって、そこから派生してくものだと思います。
まあ、ちょっと私の頭のなかは理論先行かもしれませんが(^^; 

経済学も長年の研究を経るについて様々な分派や理論が誕生しました。
行動経済学はそれらの分派した理論のうちの一つです。

ここは、正直、微妙なところがあります。
経済学を学んでいるんか、心理学を学んでいるのか
よくわからなくなることがあります。

やはり数式がないと経済学とはいえないとも思っています。
単に、アンケート結果から行動を論評するのは、経済学ではないと思います。
でも、まあ、それも含めて行動経済学です(^^;

そういった経緯から、行動経済学的に本来の経済学を見た際、「古典経済学」と呼びます。

行動経済学は生身の人間が下す評価・行動を分析した実践経済学
行動経済学とは、これまでの古典的な経済学がモデルとしていた人間を前提とした経済学ではなく、
生身の人間を対象とし、人間がどのような状況下で、
どのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした新しい経済学なんです。

行動経済学は、経済学というより、社会心理学の方近い所以ですね。

実践的とも言われますし、いい加減とも言われます。
そのバランスを見極めながら使って行かないと、
単に根拠のない、過去データだけに頼った主張になりかねません。

とまあ、
行動経済学は、優れているのか、役に立たないのか
中途半端な書き方をしましたが、少なくとも今の世の中では流行っています。

行動経済学の有名な研究者としては、
前述のプロスペクト理論を提唱した、ダニエル・カーネマン、エイモス・トベルスキーがいます。

そして、ダニエル・カーネマンはプロスペクト理論によりノーベル経済学賞を受賞しています。

行動経済学では、古典経済学が想定するつねに合理的な判断をするものではなく、
現実世界に生きる人間を意識・行動を対象とした学問の為、
マーケティングやマネジメント分野をはじめとするビジネス界で強い注目を集めています。

ということで、私ももっと学びたく思い、このようなサイトを作りました。

まずは、以下の本で学んでいきたいと思います。


hito

201412/13

確実性効果〜100%を求める人間の心理

期待値を計算すればどちらがお得か自明なのに、 その論理的思考に逆らって感覚で選んでしまう・・・ 人は度し難いものだな。 人…

images

20142/22

どうして女性の管理職は少ないの?

行動経済学からみた男女差 大竹文雄・大阪大教授 Wの未来 しなやかに駆ける (日経WEB) http://www.nikkei.c…

debu

20136/22

生活習慣病と行動経済学

肥満患者はドタキャンが多い http://www.cabrain.net/management/article.do?newsId=401…

kousoku

20136/21

作りかけだからといって完成させる必要はないでしょう〜作りかけの高速道はつなぐべきか

作りかけの高速道はつなぐべき?放っておく? 星岳雄スタンフォード大学教授と考える「アベノミクス」その2 http://business.…

スクリーンショット 2013-12-20 10.10.43

20136/19

稼ぐ経済学は”行動経済学”なのか!?

「稼ぐ経済学」を読んで http://dividendsnowball.blogspot.jp/2013/06/blog-post.htm…

ページ上部へ戻る