[`evernote` not found]

期待値を計算すればどちらがお得か自明なのに、
その論理的思考に逆らって感覚で選んでしまう・・・

人は度し難いものだな。
hito

人はなぜ「100%」に惹かれるのか? 行動経済学の「確実性効果」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00010002-manetatsun-bus_all

<ケース1>

 いまここに、15万円を確実に受け取ることができるカード(1)と、
 80%の確率で20万円・20%の確率で0円となるカード(2)があったとします。

 あなたなら、どちらのカードを引くでしょうか?

 たぶん、多くの人がカード(1)を選ぶと思います。
 なぜなら、“確実”に15万円を手にできるからです。

<ケース2>

 では、次に、5%の確率で15万円受け取れるカード(3)と、
 4%の確率で20万円受け取ることができるカード(4)の場合は、
 どうでしょうか?

 私の経験上、この場合(4)を選ぶ人が大半です。
 その理由の多くは、
 「4%と5%程度の確率の違いなら、5万円多くもらえたほうがよいから」といったものです。

 しかし、実はこの2つのケースの選択方法には、矛盾があります。

[`evernote` not found]

カテゴリー: NEWS