行動経済学

お客さまは論理と感情で動く!

© 行動経済学 All rights reserved.

debu

20136/22

生活習慣病と行動経済学


肥満患者はドタキャンが多い
http://www.cabrain.net/management/article.do?newsId=40152

肥満の人は、
・現在重視
・計画の実行段階になると後回し
・将来の損失に無頓着
 という癖がある。
 

肥満のような長期の生活習慣と関連がはっきりした不健康状態は
以下の選択行動の結果と考えられます
 ・早く得られる小さい利益
   ↑
   ↓
 ・遅れてしか手に入らない大きな利益
 
 肥満の人は前者の小さい利益を追ってしまうということですね。
 えらい言われようです。
 
つまり、この後約束をしていても、
もし目先に人参をぶら下げられたらそっちに行ってしまうんですね。
だから、当日ドタキャンしてしまう。

ドタキャンは、人としての信頼感を失います。
目先の人参に釣られず、
長期に渡る信頼性を構築して行きたいですね。


  • 生活習慣病と行動経済学 はコメントを受け付けていません。
  • NEWS

関連記事

コメントは利用できません。
hito

201412/13

確実性効果〜100%を求める人間の心理

期待値を計算すればどちらがお得か自明なのに、 その論理的思考に逆らって感覚で選んでしまう・・・ 人は度し難いものだな。 人…

images

20142/22

どうして女性の管理職は少ないの?

行動経済学からみた男女差 大竹文雄・大阪大教授 Wの未来 しなやかに駆ける (日経WEB) http://www.nikkei.c…

kousoku

20136/21

作りかけだからといって完成させる必要はないでしょう〜作りかけの高速道はつなぐべきか

作りかけの高速道はつなぐべき?放っておく? 星岳雄スタンフォード大学教授と考える「アベノミクス」その2 http://business.…

スクリーンショット 2013-12-20 10.10.43

20136/19

稼ぐ経済学は”行動経済学”なのか!?

「稼ぐ経済学」を読んで http://dividendsnowball.blogspot.jp/2013/06/blog-post.htm…

houbi

20136/7

自分で選ぶとやる気が出るのか!?

「自分で選ぶ」と「やる気」の密接な関係  日本科学未来館 http://news.mynavi.jp/articles/2013/06/0…

ページ上部へ戻る