行動経済学

お客さまは論理と感情で動く!

© 行動経済学 All rights reserved.

sharp_new_slogan02

20136/4

リーダーシップと行動経済学


シャープの問題を行動経済学から考えてみる
http://newmktg.typepad.jp/.s/blog/2013/06/post-a986.html

 

引用

 問題にされているのは、2007年に堺工場建設のために4000億円をこえる投資を決めたことです。
この投資に疑問が投げかけられている理由は・・・

  • 液晶パネルは当時すでに供給過剰になっていた。31インチTV用パネルは、2004年に$865だったのが、2007年には$300前後に急降下(この値段は、2011年には$149、2013年には$124にまで下落している)。液晶TVの価格自体も米国では2007年には2005年の半分になっていた。

この時点で、液晶に集中投資をするのをやめていれば、
破産のおそれまでにはいかなかったであろうと批判されているわけです。

経済学でいうところのサンクコスト(埋没費用)。
サンクコストは過去にすでに発生した費用であり回収することはできない。
現時点で、どのような行動を選択しようとも、つかってしまったコストが減るわけではない。

よって、合理的な経済人は、サンクコストは無視して意思決定をする
・・・はずだと、伝統的経済学では教えます。

 

しかし、現実は止まらない・・・止められない・・・

イラク戦争しかり、八ッ場ダムしかり・・・

始まったものは止まらない。

言い出したリーダーのメンツやそれまでの経緯から、無駄だとわかってもやり続けるしか亡くなってしまいます。

まさにシャープもそうだったんでしょうね。
液晶がもう飽和状態で売れなくなっている。
もう設備投資しても無駄だ。

わかっているのに、今までのずっと投資していたから
継続して投資して、より大きな損害を与えてしまう。

八ッ場ダムももうなくてもいいのに、
住民を立ち退かせたから、
ここまでの投資が無駄になるから、
撤去費用がかさむから、
と何かにつけて言い訳をして、作業を続けてしまう。

経済人のようにいつも合理的な意思決定はできないでしょう。

だからこそ、リーダーシップの発揮のしどころです。

リーダー自身も過去のしがらみを捨て未来志向の意思決定ができるのかが
今後求められるリーダー像なんでしょうね。

 


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
hito

201412/13

確実性効果〜100%を求める人間の心理

期待値を計算すればどちらがお得か自明なのに、 その論理的思考に逆らって感覚で選んでしまう・・・ 人は度し難いものだな。 人…

images

20142/22

どうして女性の管理職は少ないの?

行動経済学からみた男女差 大竹文雄・大阪大教授 Wの未来 しなやかに駆ける (日経WEB) http://www.nikkei.c…

debu

20136/22

生活習慣病と行動経済学

肥満患者はドタキャンが多い http://www.cabrain.net/management/article.do?newsId=401…

kousoku

20136/21

作りかけだからといって完成させる必要はないでしょう〜作りかけの高速道はつなぐべきか

作りかけの高速道はつなぐべき?放っておく? 星岳雄スタンフォード大学教授と考える「アベノミクス」その2 http://business.…

スクリーンショット 2013-12-20 10.10.43

20136/19

稼ぐ経済学は”行動経済学”なのか!?

「稼ぐ経済学」を読んで http://dividendsnowball.blogspot.jp/2013/06/blog-post.htm…

ページ上部へ戻る