行動経済学

お客さまは論理と感情で動く!

© 行動経済学 All rights reserved.

sentaku

選択肢が多すぎると混乱する


選択肢は多いほど、自由な感じがして嬉しいです。
もし製品種類が1種類しかない場合、
なんだか、無理やりかわされている気がして、
選べない不自由を嘆くことでしょう。

あなた
選択肢が多いほど混乱しますか?

プロ野球は日本では12球団あります。
つまり12個の選択肢があるわけです。
しかし、私はぶれません。

今後、どこに住もうと、阪神タイガースを愛して
応援することになるでしょう。

一方で、こんなシーンないでしょうか?

スマホを買いたいなあと思っていた。

①家電量販店の前を通ると、
iPhoneが急に値下がりして、9000円で販売されていた。
(A)iPhoneを買う
(B)他のモデルについて情報を集める
さてどっち?

 

②家電量販店の前を通ると、
iPhoneが急に値下がりして、9000円で販売されていた。
そして、そこで8000円のサムスンのスマホも販売された。

(A)iPhoneを買う
(B)他のモデルについて情報を集める
(C)サムスンを買う
さてどっち?

①の場合、多くの人はiPhoneを購入する
しかし、②の場合、多くの人は決断を先に伸ばして
もう少し検討しようとする。

 

①のように、ほぼ選択肢が1個の場合、決断は簡単ですよね。
スマホを買うか買わないか。買いたいときにまさに割引情報があれば
即決してしまいそうです。
だから、買うと決めた人は、iPhoneを買うでしょう。

一方で、スマホを買うかどうか悩んでいる時に
iPhoneにしようか、サムスンにしようかと選択肢が増えた場合。

悩みますよね。

そうすると、決断を先送りしてしまうわけです。

迷いを振り払って決断するための理由を探して
それが見つかるまで決断を先送りします。

この場合は、家電量販店としては選択肢を増やさずに、
1品種で勝負したほうが良かったわけですね。

sentaku

一方で、選択肢があったほうが選びやすいケースもありますよね。
同じ商品ラインナップの中で、
3000円 4000円 5000円 と3つあるから、
じゃあ、4000円にしよう!と。

松竹梅理論ですね! 日本人は竹が好きです。

でもこの話は、次回「3つあると真ん中を選ぶ」で記載したいと思います。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
hito

201412/13

確実性効果〜100%を求める人間の心理

期待値を計算すればどちらがお得か自明なのに、 その論理的思考に逆らって感覚で選んでしまう・・・ 人は度し難いものだな。 人…

images

20142/22

どうして女性の管理職は少ないの?

行動経済学からみた男女差 大竹文雄・大阪大教授 Wの未来 しなやかに駆ける (日経WEB) http://www.nikkei.c…

debu

20136/22

生活習慣病と行動経済学

肥満患者はドタキャンが多い http://www.cabrain.net/management/article.do?newsId=401…

kousoku

20136/21

作りかけだからといって完成させる必要はないでしょう〜作りかけの高速道はつなぐべきか

作りかけの高速道はつなぐべき?放っておく? 星岳雄スタンフォード大学教授と考える「アベノミクス」その2 http://business.…

スクリーンショット 2013-12-20 10.10.43

20136/19

稼ぐ経済学は”行動経済学”なのか!?

「稼ぐ経済学」を読んで http://dividendsnowball.blogspot.jp/2013/06/blog-post.htm…

ページ上部へ戻る